新築の家の新しい匂いを忘れずに

私が幼い頃に生活をしていた実家は、築数十年経過しているような古い一軒家でした。古い住宅ですが増築や改築などを繰り返し、生活する上での不便はなかったのですが、私が社会人になった時に両親はそれまで住み慣れた実家のある場所から離れた場所に土地を購入し、新築で一軒家を建築しました。新築と言う事もあり設計の段階から私自身も設計図などを目にする事があったのですが、部屋の間取りを考える事から始まり、壁紙の色や新築の家で使用する家具などを選ぶ際には私自身も関わる事が出来、新しい家が完成するのがとても待ち遠しかった事を今も覚えています。少しずつ出来あがっていく家を姉と二人で見に行った事もありました。現在は新築で建てた実家も10年以上が経ち、外壁などを手直しする事もあるようです。少しずつ古くはなってきていますが、初めて新築の自宅に入った時の新しい木の匂いは今でも忘れる事はありません。私は現在結婚をして実家から離れた場所で生活をしていますが、我が家もいつか新築の家を建てる事が出来れば良いのにと言う夢を持って生活しています。

エステ フェイシャル 効果

渋谷のナチュラルまつげエクステ

印鑑 実印

脱毛 藤沢で人気のサロン

病院千葉の名医